カードローンの総量規制とは?

お金を借りる時に総量規制という言葉を聞く方も多いと思います。これは貸金業者に対して沢山貸せないようにする規制法律であり、これが適応されている会社は年収の3分の1までしか貸し出しが出来なくなります。

 

ただおまとめローンなどのように、借りる側が有利となるものは対象となりません。しかし多くの方は総量規制の対象となってしまい、借りられる金額が減ってしまうことが多いのです。

 

カードローンを利用する場合、総量規制が適応されているかどうかは結構重要なものとなります。貸金業者として登録されている消費者金融系のカードローンというのは確実に総量規制の対象となっているので、まず借りられる金額は制限されてしまいます。

 

沢山借りたいと思っている方は銀行系のカードローンを利用することになります。これなら利用限度額が年収によって制限されることはなく、思っていた以上に借りられるチャンスが生まれます。

 

消費者金融系を利用する場合、総量規制というものをしっかり考えていくことになります。銀行系と違う点として、収入証明書の提出が義務付けられている点も見逃せない所です。

 

これも総量規制によるもので、本当にその収入を確保しているのかどうかを判断するために提出しなければなりません。提出しない場合は嘘をついていると判断されてしまい、利用限度額が減るどころか利用できないことだってあります。

 

そのため収入証明書の提出をしなくてもいいカードローンを利用したいなら銀行です。これなら提出しなくても利用できる範囲が広く、多くの方はその恩恵を受けられることになります。

総量規制はなぜ作られたのか?

もともと総量規制とは、多重債務者を今後作らない目的で創設されました。しかし、なぜか対象となるのは消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの「貸金業者」からの借入に対してのみです。

 

その為、消費者金融では総量規制によって、借りられない人がいたとしても、銀行の審査次第では総量規制が無いので、借りれる可能性もあるということなのです。

 

この法律がどんな効果をもたらすのかはっきりとは言えませんが、消費者金融は小さい会社の資金繰りや、銀行では借りられない個人事業主への融資などで役に立っていたのは事実の話です。

 

銀行がもっと貸してくれるのであれば支障の出ませんが、消費者金融以上に借り易い銀行など存在しないのが現実なのです。(出典:オリックス銀行カードローンが人気の理由